医療モールで働くメリット

病床数の多い病院は必要性の低い入院が増えています。
そのことが高齢者の医療費を増やす原因になるとして、行政は病床を減らす方向で考えています。
そのため、今後は中核病院やクリニックの役割が重要になってくるでしょう。

そんな中で増加してきたのが、様々な診療科が集まる医療モールです。
在宅診療も行う内科やリハビリテーション科などが集まり、介護施設などとも連携を取るようにすれば行政が推進する地域包括ケア体制を実現する施設として注目されています。

複数の診療科で協力し合う場合もあるため、看護師が働くとすれば単独で運営されているクリニックよりもやりがいが大きいかもしれません。
特に高齢者の地域包括ケアを担うことになれば、より高いスキルが求められるためです。
病棟勤務のような緊急性のある患者を診ることは稀ですが、様々な疾患を持った患者が集まるので、一人ひとりに最適な看護や指導を行うことが大切です。

知識や技術を深めていくことができる環境にありながら、病床のないクリニックは日勤のみで、残業が少ないというメリットもあります。
ワークライフバランスを取りやすいため、特に小さな子どもがいる看護師などに最適です。
ただ、看護師数が少なく、緊急時に休みが取りにくいクリニックもあります。
また、病棟勤務と違い介助のような重労働が少ないため、腰痛持ちの人も安心です。
以上のことから、年齢が上がって夜勤が辛くなってきた看護師がクリニックに転職するケースも増えています。